イベント・学習会

KIDS EXPO開催

若者が勤労観、職業観を身に付け、明確な目的意識をもって職に就くとともに、仕事を通じて社会に貢献することができるように体験型イベントとして開催。


日本の将来を担う子供達にイベントを通じ
1. 将来のビジョン・将来の自分を明確に設定する
2. 団体行動の中で、自分の立位置の作り方を学ぶ
3. 課題解決に必要な思考力,判断力,表現力などの向上
4. 意見を発信出来るコミュニケーション能力の向上
5. 達成感を味わい、更なる意欲向上促進

以上を目的とします。


子供の勉強のきっかけは興味や関心から始まります

ご寄付のお誘い

どんな遊びも、突き詰めれば勉強になる

子ども時代のさまざまな体験は、学ぶことへの興味・関心など、学習意欲の向上のもとになる大切なものです。
近年の少子化,核家族化の進行、ライフスタイル・価値観の多様化などにより、子ども同士が外で遊ぶ機会や人と人とのかかわりが少なくなったことによるさまざまな経験不足、コミュニケーション不足が問題となっています。
このKIDS EXPOでは、子どもたちの好奇心を掻き立てるような体験学習を取り入れ,体験を通して得られる学習意欲、コミュニケーション能力などの向上をめざした教育を行ないます。
KIDS EXPOでは,生きる力を育むことをめざした特色ある教育を行う中で、基礎的・基本的な知識・技能の習得や課題解決に必要な思考力,判断力,表現力などさまざまな能力の向上,子どもたちが自ら学習に取り組む姿勢の育成,個性を活かす教育の充実が実現出来、各分野の第一線で活躍する講師を招くことにより、「グローバルスタンダード」を早くに体感出来ます。

子どもたちの意欲が減退されていることが指摘されている。運動意欲、遊び意欲、学習意欲が落ち、世界的に突出して孤独を感じていると指摘されています。
その要因は複雑で、子どもの生活、或いは成育環境全体と複雑に絡み合っているが、その生活方法、成育方法との関係が大きいです。
以下2点の低下が特に問題視されています。


◎運動能力、体力の低下
現代の子どもたちは、この 50年間、体位、体格は向上しているが、体重において、特に男子の体重では大きく、肥満に陥っている子どもも多い。この要因は二つの要因、食事内容と運動不足によると思われる。
乳児、幼児の頃より、運動量が極めて少ない子どもが散見される。
保育園児、幼稚園児においても1万数千歩以上の運動が必要だと指摘されている。
運動意欲を喚起する外遊びを通した生活方法、成育方法に見直される必要がある。


◎精神的発達・意欲の低下
現代日本における国民病のひとつとしてうつ病を指定すべきという議論があるが、特に若い世代でのうつ病の発生率は極めて高くなっており、小さな子どもたちのうつ病患者も増えている。あわせて不登校、引きこもり等、社会的に不適応な子ども、若者が多くなっている。
その要因は複合的と考えるが、子どもたちの生活方法、成育方法と極めて密接な関係があることが多く指摘されている。

大きく分けて3つのカテゴリーを体験

文化


スポーツ


職業


お気軽にお問い合わせください
TEL 03-3866-1887